ED治療薬バイアグラ通販|効果・飲み方・副作用

バイアグラは元々は狭心症の薬として、1990年にアメリカで研究開発されました。そのバイアグラの臨床試験をしていたのですが、あまり狭心症には効果がない事がわかり、臨床者より残った薬の回収を行ったのですが、皆返却したがらないので、理由を尋ねたところ勃起の効果があることが分かり、その後ED治療薬として、発売することになりました。

ED治療薬バイアグラの効果
勃起は、実は性器の海綿体に血液が集まることで硬くなるのです。
陰茎に性的刺激を受けることで一酸化窒素が分泌され、環状グアノシン一リン酸という物質が形成されます。この環状グアノシン一リン酸が陰茎海綿体の筋肉を弛緩させ、それに伴い普段は閉められている血管が緩むことで、陰茎海綿体に血液が流れ込み、陰茎内の圧力が上昇し勃起に至るというワケですね。
バイアグラが勃起にどう作用するのかというと、この環状グアノシン一リン酸という物質の働きに大きく関係しているのです。
環状グアノシン一リン酸は勃起のために欠かせない物質ですが、実は、体内にある5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素によって分解されその力を失ってしまうという特徴があります。
他のED治療薬に比べて、効果の出方が大きいので、初めから100mgを飲むのではなく、まずは50mgで試してみてから、その様子で増量するのかを決めるといいと思います。

ED治療薬バイアグラの飲み方
バイアグラは他のED治療薬に比べて、勃起の強さが高い事で有名で、それが好みでバイアグラを使用したがる人が沢山います。バイアグラは、ED治療薬の中では、粗悪だが強さのある暴れ馬みたいな感覚の薬です。
バイアグラを服用の際には、以下で挙げる項目を配慮してください。
・食事前に服用することをお勧めします。
バイアグラは食事に影響を受けやすいお薬ですので、食後すぐなどの食べ物の消化が進んでいない状態でバイアグラを服用しても、十分な効果が得られない場合があります。
バイアグラは服用してから30分ぐらいでお薬が体にいきわたり、効果があらわれ始めます。5時間~6時間の持続効果がありますので、食前にあらかじめ服用することも可能です。
・お酒を大量に摂取しての服用はおやめください。
アルコールを飲みすぎると、お薬の効果が発揮されない場合があります。効果が発揮されないばかりか、倒れてしまう危険性を伴います。なお、適量のアルコール摂取には、リラックス効果により、お薬の効き目を促進する働きがありますので問題ありません。
・バイアグラには性的興奮を促す作用等はありません。外部からの性的な刺激により、勃起をしやすくするためのお薬だととらえてください。
・バイアグラは、重大な副作用の危険が少なく安全なお薬ですが、併用禁忌薬などを使用している場合は服用することができません。 硝酸剤などを服用している場合、バイアグラと併用すると重大な副作用を及ぼす危険性がありますので、絶対におやめください。 ご自身が何かしらのお薬を服用している場合、医師に必ずお薬の名称をお伝えください。

ED治療薬バイアグラの副作用
治療薬とはそもそも強い薬で、副作用と天秤にかけて、治る確率が副作用よりもずっと優れていれば、薬として承認されます。
バイアグラの副作用は主に「顔のほてり」と「目の充血」です。これは服用者の約9割が体験する副作用で、バイアグラの効果の表れといってもいいくらいの症状ですね。また、他には「頭痛」や「動悸」、「鼻づまり」といった副作用の症状を発症してしまう人も多いようです。
上記のような症状は、お薬の効果の効き始めに起こることが多く、効果が出始めている合図ととらえていただいて問題ありません。
実際にこれらの症状は上記のパーセンテージよりも多く現れるので、不安を感じられる方もいらっしゃいます。特に血管拡張などの症状はよく現れます。 ですが、きちんとした医療機関で処方されたバイアグラを、医師の指示の元注意事項を守って服用すれば、命にかかわるような重大な副作用が起こることはございませんので、ご安心ください。

出典:http://ed-viagra-ed.com/

EDの対策のまとめ

EDは、「勃起不全」のことで、男性なら多くの人に起こり得る病気です。完全に勃起出来ない状態は、もちろんですが、勃起するのに時間が掛かってしまう状態や勃起はするけれど、持続することが困難な場合もED(勃起不全)の可能性があります。専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。全世界でEDに悩んでいる男性がたくさんいますが、EDの対策は何でしょうか?本文では、EDの対策の情報についてご紹介します。

肥満や生活習慣病は血管障害を招くため、勃起不全の原因になります。「食べ過ぎない」「塩分・脂肪分を控えめにする」「野菜をたくさんとる」など、バランスの良い食生活を心がけましょう。

また、魚には、オメガ脂肪酸や、カルシウム、亜鉛などが含まれており、亜鉛には生殖機能を高めてくれるという効果があるため、魚のほかには、玄米や、牡蠣、豆類などが多く含まれております。EDの対策のためには、血流を改善することがとても大切です。

血行不良の原因の一つでもありますが、運動不足により勃起パワーが衰えることも十分に考えられます。 ED に効く一番効率的な運動が、下半身を鍛える運動!特にスクワットが ED には最も効果的であることがわかっています。 毎日少しずつ筋トレをして、勃起パワーを鍛えてください。

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させたり血小板の粘着性を高める作用があるため、血流を悪くします。EDの対策として、勃起不全を防ぐためには、禁煙することをオススメします。

EDの症状の情報について

英語のED(Erectile Dysfunction)は日本語で勃起不全ということです。EDは性交渉をするための十分な勃起が得られない場合や、勃起を維持できないために性交ができない状態を指します。今、日本で30代以上で、ときどき勃起しなかったり、途中で元気がなくなったりという男性は、実は驚くほど多いそうです。では、EDの症状は何でしょうか?本文では、EDの症状の情報についてご紹介します。

性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり血液が流れ込みます。これが正常に勃起している状態です。血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、陰茎海綿体の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起が起こらない、あるいは満足な勃起が得られないという症状をもたらします。

EDの症状は、勃起が困難なケース、勃起していても硬度が不足しているケース、性交中に中折れしてしまうなど勃起の維持が困難なケース、この三つが現在のEDにおける定義と言われています。

EDの症状としては 20代は緊張でうまくいかない例が多く、 30代から中折れの悩みが増えてきて、40代から50代までは中折れがほぼ大半を占めます。40代から50代はEDの原因になる生活習慣病の高血圧や糖尿病の罹患率も高くなる年齢でもあります。 60代以上になると中折れ以前に勃起の硬さ不足や最初から勃起しないなどの悩みが増えてくる傾向があります。 70代ではしばらく使ってなかったので自信がないという方が多いです。