EDの症状の情報について

英語のED(Erectile Dysfunction)は日本語で勃起不全ということです。EDは性交渉をするための十分な勃起が得られない場合や、勃起を維持できないために性交ができない状態を指します。今、日本で30代以上で、ときどき勃起しなかったり、途中で元気がなくなったりという男性は、実は驚くほど多いそうです。では、EDの症状は何でしょうか?本文では、EDの症状の情報についてご紹介します。

性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり血液が流れ込みます。これが正常に勃起している状態です。血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、陰茎海綿体の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起が起こらない、あるいは満足な勃起が得られないという症状をもたらします。

EDの症状は、勃起が困難なケース、勃起していても硬度が不足しているケース、性交中に中折れしてしまうなど勃起の維持が困難なケース、この三つが現在のEDにおける定義と言われています。

EDの症状としては 20代は緊張でうまくいかない例が多く、 30代から中折れの悩みが増えてきて、40代から50代までは中折れがほぼ大半を占めます。40代から50代はEDの原因になる生活習慣病の高血圧や糖尿病の罹患率も高くなる年齢でもあります。 60代以上になると中折れ以前に勃起の硬さ不足や最初から勃起しないなどの悩みが増えてくる傾向があります。 70代ではしばらく使ってなかったので自信がないという方が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です